回忌法要について

「回忌法要」とは、祥月命日に営む法要のことをいいます。(祥月しょうつき命日めいにち…故人の亡くなった月日と同じ月日)
法要では、故人の冥福を祈り、その霊を慰め、追善の供養を行います。
宗教宗派によって、法要を営む日が決まっています。
法要を行うにあたっては、事前に準備を整えてのぞむことが大切です。

仏式の法要

仏教での法要には、死後七日ごとに四十九日まで行う忌日法要きびほうようと、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌などの年忌法要ねんきほうようがあります。
仏教では、死後七週間はまだ故人があの世とこの世の間をさまよっているとされており、この四十九日間を「中陰ちゅういん」と呼びます。
死後七日目から七日ごとに七回、閻魔大王などの十王から、生前の行いに対して裁きを受け、四十九日目で来世の行き先が決まるとされています。残された家族は故人が極楽浄土に行けるように、故人に善を送る(追善)法要を営みます。年忌法要は極楽浄土に行った故人がさらなる精進の道へと導くために営みます。
一周忌からはじまり三十三回忌で長い修行を締めくくられ、故人は菩薩ぼさつの道に入り、「ご先祖さま=守り神」となると考えられています。さらに、五十回忌、百回忌と続きますが、一般には三十三回忌、もしくは五十回忌をもって「弔い上げ」とし、法事の締めくくりとします。

忌日法要
初七日しょなのか 命日も含めて 7日目
二七日ふたなのか 命日も含めて 14日目
三七日みなのか 命日も含めて 21日目
四七日よなのか 命日も含めて 28日目
五七日いつなのか
三十五日さんじゅうごにち
命日も含めて 35日目
六七日むなのか 命日も含めて 42日目
七七日なななのか
四十九日しじゅうくにち
命日も含めて 49日目
百カ日ひゃっかにち 命日も含めて 100日目
年忌法要
一周忌 命日から 満 1年目
三回忌 命日から 満 2年目
七回忌 命日から 満 6年目
十三回忌 命日から 満 12年目
十七回忌 命日から 満 16年目
二十三回忌 命日から 満 22年目
二十七回忌 命日から 満 26年目
三十三回忌 命日から 満 32年目
三十七回忌 命日から 満 36年目
四十三回忌 命日から 満 42年目
四十七回忌 命日から 満 46年目
五十回忌 命日から 満 49年目
百回忌 命日から 満 99年目

法要の準備

回忌法要は一般的に一周忌までは、ご家族、ご親族、友人・知人など、故人と縁のある方々で法要を営み、その後に会食を行います。
初七日忌、四十九日、百ヵ日はご葬儀当日に繰り上げて行う場合もあります。
三回忌以降はご家族、ご親族のみで法要を営み、その後に会食を行い、少しずつ規模を小さくする傾向があります。同じ年に重なる回忌法要は、一度に併せて営む場合もあります。

法要の準備は、次のような流れで行われます。

  • 法要日程の決定
    (菩提寺との相談が必要)
  • 案内状の作成 (2~3か月前)
    ※法要場所や料理・引出物なども決定した上で案内状を作成します
  • 当日式次第や配席などを決定 (10日前)
    ※案内状の返信内容をもとに法要場所や料理・引出物なども決定した上で
  • 最終確認 (3日前)
  • 遺影・位牌・お供えなど準備 (当日)

葬祭会館セレモール ご法要セットのご案内

ご法要に必要なものを一式ご準備いたします。
詳しくは下記チラシをダウンロードしてご覧ください。

安心の法要セットのご案内はこちら

ご法要セット案内

 

回忌法要について、ご準備から各種手配まで承ります。お気軽にお問い合わせください。