回忌法要(法事・法要)について

法要とは、故人の冥福を祈り、その霊を慰め、追善の供養をおこなうことです。
故人の命日に営むものですが、都合がつかず変更する場合は、命日よりも遅く
ならないよう営みます。

宗教宗派によって、法要を営む日が決まっています。

仏式 初七日、二七日、三七日、四七日、五七日、六七日、四十九日、百ケ日、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌
神式 十日祭、二十日祭、三十日祭、四十日祭、五十日祭、百日祭、一年祭、三年祭、五年祭、十年祭、二十年祭、三十年祭、四十年祭、五十年祭、百年祭
キリスト教式 プロテスタント・・・1ヶ月目に記念式
カトリック・・・3日目、30日目、その後毎年忌日に記念式

ご法要の当日の流れ(例)

  • ご法要

  • お墓参り

  • ご会食

ご法要の準備の流れ

2~3ヶ月前

お申込み、案内状の作成をします。

40日前

案内状の発送をします。

10日前

式次第・お料理・引き出物・配席表の決定をします。

3日前

最終確認をします。

当日

祭壇の準備(ご遺影・ご位牌・お供えものを持参)をします。

セレモールの法事法要追善供養

  • お寺での法要・墓参りのあと、会食のみ当社会館で
  • 法要から会食までを当社会館で

など、仏教だけでなく、神道や宗教色を廃したお食事会など応対させていただきます。
形式・お料理内容にあわせて、大・中・小様々なお部屋をご用意いたします
法要・墓参りに必要な生花・供物なども承っております。また、お寺への仕出し、その他集会所などを借りての会食などにも対応しております。


平安サプライ