お葬式のかたち

大切な方をお送りする葬儀のかたちは色々あります。
家族葬から一般葬、社葬やお別れの会など、葬儀のかたちは様々です。

一般葬 (標準的なご葬儀)

宗教儀礼を中心に通夜・葬儀の儀式を行うお葬式のかたちとなります。
参列者を限定せず生前お付き合いのあった方々に広くお知らせし、参列していただきます。

参列者が多いため葬家にとっては一時的に負担が多くはなりますが、家族が知らなかった故人の一面を、参列者からお聞きすることが出来たり、参列者からお香典を頂くことで、家族葬より費用負担が少なくて済むこともあります。
仏式・神式・キリスト教など宗教や地域の風習によって進め方が異なります。

家族葬

家族葬は、本来はご遺族(家族)のみで行う葬儀という意味でしたが、親戚やごく親しい方なども加えた少人数で営む小規模な葬儀を指すのが一般的になってきています。参列者を限定しますが、葬儀の内容や流れなど、基本的に行うべきことは一般葬の式と 大きな差はありません。

参列者数が少ない為、気をつかわずにゆっくりと落ち着いてお別れができます。

家族葬を行う時の注意点

ご家族が把握していない人脈が故人にある場合、後日、訃報を聞いて焼香に訪れる ことも多く、ご家族が対応に困ったという声をよく耳にします。また、参列者を限定してしまった為に「なぜ?呼んでくれなかったのか!」「早く知らせてほしかった…」など苦言される恐れもあります。
後々のことも十分考慮し、お知らせする範囲を検討した上で、選択されることをお薦めいたします。

社葬・団体葬

会社や団体が施主となって営まれる葬儀です。所属していた会社や団体に対しての故人が大きな功績がある場合や仕事の最中に死亡(殉職)した場合などに行われます。会葬者の多い大規模な葬儀となることが多いです。
社葬・団体葬には、「社葬だけを行う場合」、「喪主による葬儀も社葬も行う場合」、「社葬を本葬とし、喪主による葬儀は密葬でとり行う場合」がありますが、「社葬を本葬とし、喪主による葬儀は密葬でとり行う場合」が一般的です。

社葬は、故人への弔意と会社のステータスを示す意味がありますので、事前の入念な準備と取引先や関係者・関係団体などへの丁寧な告知が必要となります。
事前の準備期間が必要となることから、社葬・団体葬は故人の逝去から概ね1週間以上後に行われることが多いようです。

※社葬・団体葬をお考えの方は、葬祭会館セレモールにご相談ください。
 経験豊富な葬祭ディレクターがご準備の段階からお手伝いさせて頂きます。


直葬

通夜や葬儀という宗教儀式を行わず、ご遺体をご自宅や安置場所から直接火葬場へお連れして火葬します。
経済的な問題や宗教観の変化、人間関係の希薄化などにより、近年、都市部を中心に増加の傾向がありますが、十分なお別れは望めませんので、費用面のみで選択されると、後悔や問題が残ることもあります。

※福祉葬について

生活保護を受けている方へご提供させていただく、役所からの援助を受けた弔いの形で、通夜・葬儀を行わず、火葬のみをおこないます。
生活保護の葬儀扶助が適用されるのは火葬にかかわる費用のみとなります。
親族の中に葬儀料を負担できる方が居る場合、葬儀扶助を受けられない場合が ございます。また、一般的な葬儀を行い、葬儀扶助の金額を当て込み、差額を身内が 負担するといったこともできません。
詳しくは各区の生活保護の担当部署にお尋ねください。

※直葬・福祉葬をご希望の場合は、葬祭会館セレモールにご相談ください。


無宗教葬

僧侶や神官などの宗教者による宗教儀式を除き、自由な形式・式次第で故人とのお別れをする葬儀のことです。
自由葬と呼ばれることもあります。
近年は、特定の宗教・宗派に属さない無宗教の方が増えていることもあり、注目されています。
決まりがありませんので、遺族や友人などの故人への想いを反映した自由なスタイル、演出でお別れをしていただくことができます。
自由である反面、遺族の方々が葬儀の流れや演出について考える手間は増えます。

無宗教葬の演出の一例

 

  • 故人の好きだった音楽の生演奏
  • 友人からの挨拶や歌の演奏
  • 故人の好きだった花で埋めつくした会場

無宗教葬をお考えの方へ

宗教者を呼ぶつもりはないけれど、具体的なお別れが思いつかない方には葬祭アドバイザーがご希望にそった無宗教の葬儀のご提案いたします。
無宗教葬は、寺の檀家などになっていない方に限ります。複数の宗教との関わりでお困りの方もご相談ください。

※無宗教葬をお考えの方は、葬祭会館セレモールにご相談ください。