お葬式について

葬儀の意義・役割

「葬儀」は正しくは「葬送儀礼」といいます。
「死」を家族や社会が受け入れ、ひとつのけじめとして認識する儀式として
位置づけられ、宗教的な「儀礼」をもって行われていました。

近年は、費用や住宅事情、墓の問題などから「葬儀」に対する「価値観の変化」がみられるようになってきています。
残された方々が、故人様の人生をふり返り、思いを馳せ、感謝の気持ちを伝えるために行うという傾向がより強くなっています。

最近注目されるお葬式の形には、お身内だけで行う「家族葬」や宗教によらない「無宗教葬」などがあります。
また、生前から「自分らしいお葬式」を考える方も増えており、故人様の思いを反映させたお葬式も増えてきています。

どのようなご葬儀がよいのかという問いに明確な答えはありません。
おひとりおひとりの考え方などによって変わってきます。

大切な方を送る一度きりのご葬儀です。

慌ただしく流されて後悔しないために、事前にご準備をされることをお薦めいたします。
葬祭会館セレモールでは、ご葬儀にかかわるすべてについてしっかりとお手伝いさせていただきます。